Mark Wanko

Gear

     

Bacchus WOODLINE 24DX EWC/JHCB

     

 

User's Voice

Bacchus WOODLINE24は間違いなく私が今迄弾いた中で最高のベースです。ネックは完璧で、フィット感や仕上げの完成度が高く、音作りの幅が果てしなく広いです。40年以上ベーシストをやっていますが、Bacchusを手に入れてから自分の技術がさらに上達しているように感じます。もう他のベースは弾けないです!

The Bacchus WOODLINE24 is without a doubt the best bass I have ever played. The neck is absolutely perfect, the fit and finish is superb, and the range of tone is infinite. Although I have been playing bass for over 40 years, I am finding my technique is constantly improving using the Bacchus. I may never play other basses again!

Biography

90年代、フィラデルフィアのStudio 4において第一線のセッションミュージシャンとして活躍する。関わった仕事は多岐に及び、ボブ・ディラン、ルーサー・ヴァンドロス、 カーティス・スタイガー、 ディスポーザブル・ヒーローズ、 エアロスミス (Spidermanのサウンドトラック)、フュージーズ、などとの仕事も含まれる。またプロデューサーのジョー・ニコロが手がけるSony Musicアーティストのラジオミックスの多くにも活用された。
ソングライターとしては『Too Many Heartaches』がOak Ridge Boysのアルバム『Monongahela』に収録されている。
現在はトリビュートバンドThe Idol Kings のリーダーとしてアメリカ国内外をツアーして回っている。

 

Mark was a first call session bass player at Studio 4 in Philadelphia in the 90's.
Credits include: Bob Dylan, Luther Vandross, Curtis Steigers, Disposable Heros, Aerosmith (Spiderman cartoon soundtrack), Fugees. and others. He was utilized for many of producer Joe”The Butcher” Nicolo’s radio remixes for Sony Music artists. An accomplished songwriter, his song “Too Many Heartaches” can be found on the Oak Ridge Boys Monongahela album. Currently Mark heads up the award winning national touring tribute group The Idol Kings.