HEADWAY40周年記念キャンペーン
第四回ノベルティ発送!

7月1日より始まっておりますヘッドウェイ40周年記念企画「HEADWAY IDケース&トートバッグもらえるキャンペーン」本日第四回目の発送を行いました。今回のキャンペーンですが、集計を行なったところ今までで一番多い応募数となりました。



※月末に登録カードの到着を集計し、翌月上旬の賞品発送を行っています。


多くの方々に弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
ご応募いただきましたお客様におかれましては、賞品到着まで今しばらくお待ちくださいませ。
キャンペーン詳細はこちら
 

スタッフ独断!
おすすめのヘッドウェイモデルをご紹介

四回目となりました「広報スタッフ独断の”おすすめヘッドウェイモデル”」をご紹介したいと思います。

Aska Team Build Series


飛鳥チームビルドシリーズからは10月末に完成した「HD-SAKURA2017-SP」をご紹介します。


こちらのモデルはボディトップ、ボディサイド・バックに長野県松本市で採れた木材を使用して製作されています。
ボディトップ材にはアロマティックシダー材を採用。松本市の中には巨木と言われるまで育ったアロマティックシダーが市の特別天然記念物になったこともあり、松本市には深く根ざした樹種です。特徴として、加工性が良く独特の芳香があります。


また、ボディサイド・バックには"桜・ソメイヨシノ”を採用しています。明るいトーンに乾いたサウンド、低音と高音のバランスがよく、メイプルよりもオープンな音が特徴です。


天神や指板、ピックガードには桜をモチーフとしたデザインのインレイが施されています。

限定製作となりますのでお試しいただけるのは今だけです!
工場のある長野県松本市で採れた木材を使用したヘッドウェイモデル、是非お試しください。

HDシェイプの他に、HFシェイプやHJシェイプも製作しています。
製品ページには多くの写真を掲載していますので、ぜひそちらも合わせてご覧くださいませ。



Aska Team Build Series製品ラインナップはこちら

 

Standard Series

スタンダードシリーズからは、先日完成したばかりの桜材を使用したモデル「HF-Fuyuzakura'18/STD」をご紹介します。


今回は夜に咲く「冬桜」をイメージし、ボディカラーやインレイデザインを一新。ボディカラーは、夜の月のわずかなあかりに輝く桜をイメージした、赤味を帯びたブラックで仕上げています。



12フレット付近に埋め込まれたインレイとエボニーのコントラストが美しく、桜の花びらと雪の結晶が舞い散る上品なデザインが特徴です。

ボディサイド・バック材に使用した桜材は、適度な固さを持ち、各弦の分離、音のバランスが良くきらびやかなサウンドが印象的です。

HDシェイプは11月上旬ごろの完成を予定しています!
日本の四季を感じさせる冬桜限定モデルをぜひお楽しみください。

HF-Fuyuzakura'18/STD 製品ページはこちら

 

Japan Tune-up Series


Japan Tune-up Series(JTシリーズ)は海外から輸入したモデルに対して、国内工房の職人達がひとつひとつ丁寧に調整を行うことで、より使いやすく、洗練したギターへと昇華させたコストパフォーマンスに優れたシリーズです。

JTシリーズからはシグネチャーモデル「HJ-OSAMURAISAN」をご紹介します。


HJ-OSAMURAISANはソロギタリスト「おさむらいさん」との共同開発によるアコースティックギターです。

おさむらいさんの愛機Headway HJ-523のデザインを元にして、これからギターを始めたい人や、ギターに一度つまずいた人にもお薦めできるように、「弾きやすさ」を重視した作りを行っています。


より弦を抑えやすくするために、通常のJTシリーズモデルより弦高を低めにセッティングしています。そして出荷時の弦もエキストラライトゲージのエリクサーフォスファーブロンズ弦を採用。非売品の特典(オリジナルピック・クロス・譜面)もついてきますので、これからギターを始める方にもお勧めできるモデルです。

HJ-OSAMURAISAN製品ページはこちら
その他JTシリーズラインナップはこちら

 

キャンペーンは12月31日まで!!

キャンペーンはまだまだ実施しております。
魅力的な製品を製作してまいりますので、この機会に是非ともヘッドウェイのサウンドをお試しください。

沢山のご応募お待ちしております!