HF-415 URUSHI/STD 本日完成

塗装にうるし塗りを採用したモデル「HF-415 URUSHI/STD」が完成いたしました!

スタンダードシリーズ「HF-415/STD」の仕様をそのままに、塗装には日本の伝統的な「うるし塗り」を施しました。漆を薄く重ねて塗り、乾燥を経た独特な光沢が魅力的な「拭き漆」を採用したモデルです。



サイドバック材に使用しているローズウッドの落ち着きのある木目が高級感のある上品な仕上がりになり、そのうえに塗装されたうるしは、しっとりとした質感でツヤのあるこだわりのモデルに仕上がります。



ネックの補強にアルミチャンネルトラスロッドを採用しネック自体の強度が向上しています。フォワードシフトされたスキャロップブレイシングで、弾き始めからしっかりとした鳴りがありピックストロークでもフィンガーピッキングでもバランスに優れたサウンドが持ち味です。またネックのジョイントについては高精度な組み込みが要求される”後仕込み”を採用いたしました。Standard Series初となる後仕込み仕様です。

季節限定ですので是非お見逃しなく!

こちらの記事もご覧ください。
■漆塗りギターの魅力
http://www.deviser.co.jp/headway/news/20160912

■漆塗り職人”彩漆KOBAYASHI”小林さんインタビュー
http://www.deviser.co.jp/content/2016525

ヘッドウェイキャンペーン実施中!

ただいまヘッドウェイでは40周年を記念して特別キャンペーン実施しています!この機会に是非ヘッドウェイをお試しください!

 
キャンペーン詳細はこちら

本日紹介したギター


HEADWAY HF-415 URUSHI/STD