2018年2月13日より、長野県松本市の施設「松本ヘルス・ラボ」様にてアカマツギターを展示しています。

松本ヘルス・ラボは松本市の健康産業推進協議会分科会事業の一環としてスタートした、「健康増進」と「ヘルスケア関連企業の製品・サービス開発」を一体的に支援する機関です。現在は一般財団法人化され、松本市中央公民館「Mウイング」の1Fにオフィスを設け、広く市民の情報共有スペースとしても積極的に活動されています。

この度ディバイザーの制作した「JRP Guitars」アカマツギターがこの松本ヘルス・ラボオフィスに展示されることとなり、市民の方の目に触れる機会を頂きました。

「健康増進」と「ギター」というと少し離れている印象を受ける方もいるかもしれません。

ただこのオフィス、中で使われているテーブルや棚、全て松本市内の伐採適期を迎えたカラマツ材をふんだんに使用したスペースなのです。

アカマツ、カラマツといった県産材を積極的に取り入れ、多くの人に触れる機会を作るという姿勢はアカマツギターの企画にも共通するもの。木をふんだんに使用したスペースにアカマツギターもいい雰囲気で馴染んでいます。

健康に意識の高い市民の方にギターをご覧頂く機会ができ、さらにギター好きな方がこのスペースを訪れて健康について考えるきっかけにもなれば幸いです。

松本市にお越しの際は、ぜひMウイング1F 松本ヘルス・ラボへお立ち寄りください!

大きなオブジェが入口付近にあり、とても良い目印になります。

これも松本市の名産品。「てまり」です。

 

展示場所 : 松本市中央公民館Mウイング「松本ヘルス・ラボ」
展示期間 : 2018年2月13日(火)~2018年3月13日(火)
ご住所 : 〒390-0811 松本市中央1-18-1 Mウイング1階
お電話 : 0263-39-1139
松本ヘルス・ラボウェブサイト:https://m-health-lab.jp/

Mウイングウェブサイト
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/kominkan/chukou.html

アカマツギターについて
http://www.deviser.co.jp/content/jrpguitars