About

ヘッドウェイは1977年のブランドデビュー当時から多くのアコースティックギターマニア、ミュージシャンたちに支持されてきました。このヘッドウェイアコースティックギターは、百瀬をはじめとするクラフトマンたちによる完全手工製作によって生み出されます。私たちはまず、木材からボディ・ネックへと加工する機器をはじめ、治具・工具までを独自に工夫して作り出すことから出発しました。より良いギターづくりの過程においてオリジナルのトラスロッド仕込み法(アルミチャンネルトラスロッド)を開発し、十分なネックの強度と鳴りを実現しました。

ヘッドウェイのギター制作に対する技術的追求は尽きることがありません。現在でも創業時からの完全手工による製作方法を継承、最高品質のアコースティックギターを目指し続けています。

 

All About HEADWAY

平成27年度長野県卓越技能者知事表彰(信州の名工)について

ヘッドウェイヒストリー

飛鳥チームビルド通算1000本目のギター"The 1000th"について

ヘッドウェイ制作現場
専門ブース
素材
乾燥
1ピースネック
ボリュート
ボディトップ
ブレイシング
ネックジョイント
ブリッジ