HF-F's 413 ARS/ATB

特別生産
希望小売価格・・・¥290,000(税抜)
Introduction
ヘッドウェイカスタムショップビルダー「降幡 新(ふりはた あらた)」が製作してきたカスタムショップモデルのエッセンスを飛鳥チームビルドシリーズの製品に展開した完全限定特別モデル。
ヘッドウェイのフラッグシップ「カスタムショップ」のギターが持つ魅力を飛鳥チームビルドシリーズのプライスゾーンで実現しました。
 
カスタムショップビルダー降幡新についてはこちらをご確認ください。
 

製品の特徴

エルボーの面取り

一般的なアコースティックギターはボディトップ、サイド、バックそれぞれの面の継ぎ目付近にバインディングの装飾があり、アール処理がシャープに仕上げられています。HF-F's 413 ARS/ATBではちょうど腕とギターの縁が接する場所(エレキギターで言うエルボーコンター)の位置にのみ若干丸みのある仕上げを施すことで、演奏性の向上を図っています。
いわゆるモダンなアコースティックギターでは同じくエルボー部分でボディトップ・ボディサイドとは別に木材を切り替え、肘の当たりを楽にするというデザインもありますが、これは加工上の負担が大きく、外観にも大きく影響するため、本モデルではあえて採用しませんでした。演奏性の向上のためのほんの少しの加工です。触って頂ければ十分に効果は実感いただける、弾き手に嬉しい仕上げです。
 
 

3ピースバック

ホンジュラスマホガニーのマイルドな響きは弾き手を魅了するものですが、少しだけ輪郭をはっきりさせるため、3ピースバックの中央にローズウッドをレイアウトしました。狙い通り各音の分離感に一部影響を与えています。
また伝統的な3ピースバックに比べて中央の材を細めにして、外観の印象をスッキリとさせました。ボディバック材自体の膨らみと混同しやすいのですが、マホガニーとローズウッドの継ぎ目をよく見ると曲線状に継いでいます。
直線の板と板を接着するのは慣れていますが、曲線同士の板を接着することは想像以上に大変なものでした。治具を用意することで実現しましたが、苦労の分だけ外観にも少し柔らかな印象を加えることができました。
 

アドバンスドリアシフトXブレイシング

ブレイシングにはARSブレイシングを取り入れました。音の粒立ちが揃い、ボディの強度も向上します。完成したてを弾いてみると各弦バランスが取れており、弾き続けて鳴りを増していく期待感も感じられるいい雰囲気に仕上がったと思います。
ARSについてはこちらをご確認ください。
 

※限定10本のみの製作
※追加生産不可

Specification
Body Top
Sitka Spruce
Body Side&Back
Honduras Mahogany (Round 3P)
Neck
Honduras Mahogany 1P
Fingerboard
Ebony
Nut
Bone
Saddle
Bone
Bridge
Ebony
Machineheads
GOTOH/SG301 05 C
Scale
628mm
Width at Nut
43.0mm
Bracing
Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
Finish
Thin Urethane
String
Elixir NANOWEB Light(.012-.053)
Accessories
ハードケース、六角レンチ、保証書