Headway NEW Japan Tune-up series発売開始!

発売以来好評いただいておりましたHeadway Guitars「Japan Tune-up series」が全面刷新大幅リニューアルを経て発売開始!クラス最上級の品質とルックスを実現した価値あるラインナップをここで改めてご紹介したいと思います。

ジャパンチューンナップ?

Headway Japan Tune-up seriesはヘッドウェイギター製品ラインナップの中でミドルクラスに位置するモデルです。このシリーズの肝は日本の職人(Worlshop Deviser Guitars)による細部にわたるセッティング作業(=チューンナップ)にあります。

ところで、ギターを新しく購入した際に自分好みにセッティングし直すことはありませんか?
簡単なところで言えば、弦を細いゲージに換えたり、マグネットピックアップを付けたり、といったことです。

少しマニアックな方となれば、ナット溝を磨いたり、ブリッジピンを交換したり、ペグを交換したりする方もいるかもしれません。

いずれにしても、少しの手間をかけることで初めて触ったギターが一気に弾きやすく、自分好みになることが分かっている方は、ある種どんなギターを手に入れても最短距離で自分の弾きやすい状態に持っていくことができるのです。

しかし、果たして自分好みのギターへカスタマイズする最短距離を知っているギタリストがどれほどの数いらっしゃるでしょうか。
中級者の方、ましてやエントリーユーザーの方となると、なにか違和感や弾きづらさを感じることはできても、なかなか答え(自分好みのセッティング)まで理解・把握している方は少ないと思います。

 

一方でいわゆる廉価版(れんかばん)のギターというと、なかなか細かいところまで手が行き届いていないギターも多くあります。ヘッドウェイは国産ギター製品(カスタムショップ、飛鳥チームビルドシリーズ、スタンダードシリーズ)を長野県松本市の飛鳥工場で製作しています。だから工場の違いによる品質の違いが大きいこともよく理解しているつもりです。

エントリーユーザーこそ弾きやすいギターで最初の時期を過ごしていただきたいところですが、高額なギター(=弾きやすくセッティングされたギター)を購入するのはちょっとハードルが高いものです。

このギャップを埋めるべくスタートしたのが、この「Japan Tune-up series」。つまり日本の職人による丁寧なセッティングにより、弾きやすく調整されたギターをできるだけお求めやすいプライスゾーンで実現したモデルラインナップとなります。

 

製品ラインナップを全面刷新

このポリシーを元に製品ラインナップを全面刷新した今回。国内で行うチューンナップの精度はそのままに、生産工場の変更による大幅なアップグレードが実現しました。その一つ一つをご紹介いたします。

ネックの後仕込+アリミゾ加工


新しくなったJTシリーズの各モデルはすべてアリミゾ加工+ネックの後仕込を経て組み込まれています。
この加工はヘッドウェイの上位機種「カスタムショップ」「飛鳥チームビルドシリーズ」でも採用されている手法。近年ではより簡単なボルトを使用したジョイント方法などもありますが、ヘッドウェイで採用しているアリミゾ加工は接合面積も広く、高精度に仕上げればネックとボディはあたかも一つの木材であるかのように豊かな鳴りを生み出します。
この度新しいJTシリーズでもこの加工を施すことで、より国産モデルに近いスペックで、ヘッドウェイらしさを体現するモデルに仕上がっています。

 

ストラップピンをネックヒールに取り付け済み


簡単そうでハードルが高い、ネックヒールへのストラップピン取り付け。便利なんだけど、自分でギターに穴を開けるのはちょっと。。という方がほとんどです。

しかし、立って演奏することを考えると、ストラップのバランス感は非常に重要なところ。ましてやエレキギターとの持ち替えがあるギタリストならば、ヘッド付近に巻き付けてストラップをかけるのは、弾きづらいことこの上ありません。
ただでさえ重量感も違うアコースティックギターとエレキギター。ストラップピンはネックヒール付近にあったほうが、エレキとの持ち替えもスムーズです。

 

プリアンプ搭載済み


(※HJ-OSAMURAISAN II除く)
世界的に定評のある「Fishman」のプリアンプSonitoneを搭載。ナチュラルなサウンドをそのままアンプから出力することが可能です。コントロールはサウンドホール内側にボリュームとトーンがこっそりと。ボディサイドに仰々しくパネルがある訳ではありませんが、目立たず、むしろこちらの方が見た目に影響が少なく好感が持てるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

UVフィニッシュ

薄く仕上げる事ができる高機能なUVフィニッシュを採用しています。作業効率もよく、仕上がりも美しい塗装でこのモデルラインナップの木目を一層引き立たせます。

 

上位機種に迫る個性的な木目・ルックス


HD-V150SE/45をはじめ、一部のモデルにはマカサーエボニー、ジリコテ、コアといった希少材・銘木を使用したモデルもラインナップ。一本一本が全く異なる表情を見せる木目で、ギターを選ぶ楽しみが倍増します。そしてHD-V150SE/45はアバロン貝の豪奢な装飾が、一層高級感を引き立てます。このプライスゾーンでは他に見られない程の質感を実現!ライブでもガンガン使える高級機として既に注目が集まっています!

 

わたなべゆう氏によるJTシリーズデモンストレーション

新JTシリーズ発表にあたり、フィンガーピッキングスタイルで人気・実力ともに兼ね備えるギタリストで、かねてからヘッドウェイギターをメインに使用頂いておりましたわたなべゆう氏にJTシリーズ各モデルを弾いていただき、デモンストレーションムービーを作成しました。
各モデルのサイズ感、質感、サウンドをよりわかりやすく感じていただけるような動画に仕上がっております。わたなべさんの楽曲も最高です!

動画は各製品ページ、または下記JTシリーズトップページでもご覧いただけます。
www.deviser.co.jp/headway/jt

わたなべゆうオフィシャルウェブサイトもぜひご覧ください
http://www.watanabeyu.jp

 

さらに今なら購入者特典プレゼントキャンペーン実施中!


今、この新しくなったJTシリーズをご購入のお客様へもれなくヘッドウェイオリジナルアイテム2種をプレゼント!「ヘッドウェイオリジナルカポタストHCP-15PP BLK」と「ヘッドウェイオリジナルギタースタンドHGS-3000」です。

予定数達し次第即終了となりますので、ぜひお早めにご検討ください!

 

以上の通り大幅リニューアルを経て完全に生まれ変わった「新JTシリーズ」。店頭でお見かけの際はぜひ手にとってお確かめください!

ヘッドウェイJapan Tune-up seriesページ
www.deviser.co.jp/headway/jt