Product

Customshop

円熟を迎えた百瀬の技術の粋を引き出す。

百瀬が楽器業界へ足を踏み入れたのは1964年、ちょうど20歳の時でした。それまで家具職人として木工技術を磨いていた百瀬は、楽器を作り始めたきっかけを後に「職人と呼ばれるのが嫌で・・・」と語っています。地味なイメージの家具作りから、The Beatles、寺内タケシなどのエレキブームで活気に溢れ、古い「職人」のイメージとかけ離れたギター製作の道に飛び込む事は、若き百瀬にとって大きな魅力でもあり挑戦でもありました。

以来40数年に及び楽器作りに 進する百瀬は1977年にスタートしたヘッドウェイで数々の銘器を生み出してきました。時代は変わり職人の技術が尊ばれる今も日本のギター製作をリードする熟練の「職人」と呼ばれています。

ギター製作家としての絶頂期といえる現在、多くの技術を吸収し、「カスタムショップ」において、百瀬は自らの集大成としてその技術の粋を注ぎ製作を行っています。 

※百瀬制作アコースティックギターについてお知らせ
平素はヘッドウェイギターをお引き立て賜り厚く御礼申し上げます。このたび、百瀬恭夫が製作するヘッドウェイアコースティックギター各製品は全てフルオーダー・受注生産として承ることになりました。百瀬の製作するアコースティックギターは生産本数が非常に少なく、現在の生産状況に則した方針へ転換することと致しました。
つきましてはレギュラーモデルとして表記しておりました500、700番モデル、the momose各モデルは小売店様店頭在庫をもって生産終了となり、以降は全てフルオーダー・受注生産となります。製品のご注文、お見積りをご希望のお客様はヘッドウェイ特約店様にてお問合せ頂くか、カスタマーサポート宛にお問合せくださいませ。
これからもヘッドウェイギターのご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます

Aska Team Builld Series

 1999年HEADWAY GUITARS復活以降、百瀬の下で10年のキャリアを積んだ数人のメンバーで製作します。HEADWAYが新たなスタートを切る、今後HEADWAYのレギュラーラインナップになるシリーズです。

百瀬がそのキャリアから導き出した製作工程をそのまま継承し、ジョイントの仕上がりが美しい「ネックの後仕込み」や、高精度な作業を必要とする「アリ溝ジョイント」といった手法を採用。
その他にも細部に渡って製作者の気の行き届いた楽器に仕上がっています。

長く使い込んで欲しいという飛鳥工場の職人のこだわりが込められた、価値あるラインナップとなっております。 

Standard series

ヘッドウェイの高い組込み精度、長く安心して弾き込んでいける安心感をそのままに、一部の仕様や製作工程を見直し、よりコストパフォーマンスを高めた新シリーズ「スタンダードシリーズ」がスタート。 

Universe series

日本の職人が指導を行って製作されているコストパフォーマンスに優れた海外生産のラインナップ。ヘッドウェイのポリシーの元に様々なバリエーションの製品をラインナップしています。

Ukulele Lineups

アコースティックギターづくりのノウハウをベースとして製作されるウクレレラインナップです。アコースティックギター同様に「長く弾きこむ程に鳴りを増す」楽器作りでウクレレユーザーの方に新たな価値を提案します。

※国産ウクレレ、UG、UB製品の生産休止について
現在アコースティックギターの生産増に伴い、国産ウクレレ、UG、UB各製品の生産を一時休止しております。皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜ります様お願い申し上げます。