HJ-HOBO URUSHI F,S/STD

特別生産
希望小売価格・・・¥280,000(税抜)
Introduction

ヘッドウェイの高い組込み精度、長く安心して弾き込んでいける安心感をそのままに、一部の仕様や製作工程を見直し、よりコストパフォーマンスを高めたスタンダードシリーズより、漆塗装を施したモデル「HJ-HOBO URUSHI F,S/STD」が新登場しました。

日本の伝統的な「うるし塗り」を塗装に

Headway Guitarsラインナップの中でも根強いファンを持つ「HJ-HOBO」を基本とし、塗装には日本の伝統的な「うるし塗り」を施しました。漆を薄く重ねて塗り、乾燥を経た独特な光沢が魅力的な「拭き漆」を採用したモデルです。高級感がありしっとりとしたツヤのあるこだわりのモデルに仕上がります。ギターに対して最適な漆塗りを施せるのは温かい時期の「春から夏にかけてのみ」となります。塗装も非常に薄く仕上がるためギター自体の鳴りがオープンになり、ヘッドウェイのサウンドをより際立たせます。

今までになかった質感

漆塗りモデルの大きな特徴の一つが表面の質感。一見オールドギターにも見えるその質感は、塗膜が非常に薄く形成される漆塗りならではのもの。ボディサイドバックとネックのアフリカン・マホガニーは導管の一つ一つに沈んだ漆が味わい深い質感を生み出します。ボディトップのシトカスプルースやバインディングの仕上がりも、一般的なポリウレタンやポリエステル、トップラッカーの様なシャープなツヤとは対照的な、手作業ならのあたたかみがあって味のある質感です。

ネックの「後仕込み」

ネックの仕込みには「後仕込み」を採用しています。ジョイント部も美しく仕上がりました。

 
▲ビルダー安井と長野県”彩漆KOBAYASHI" うるし塗り職人小林さん

夏季限定:12本のみの製作

こちらの記事もご覧ください。
漆塗りギターの魅力
http://www.deviser.co.jp/headway/news/20160912

漆塗り職人”彩漆KOBAYASHI”小林さんインタビュー
http://www.deviser.co.jp/content/2016525

Specification
Body Top
Sitka Spruce
Body Side&Back
African Mahogany
Neck
African Mahogany
Fingerboard
Indian Rosewood
Nut
Bone
Saddle
Bone
Bridge
Indian Rosewood
Machineheads
GOTOH/SD510-05MA Ni
Scale
628mm
Width at Nut
43.0mm
Bracing
Scalloped Forward Shift X Bracing
Finish
Urushi
String
Elixir NANOWEB Light(.012-.053)
Accessories
ハードケース、六角レンチ、保証書
JAN code
SB
4571470379034