杉本篤彦

Gear

     
STORK-JAZZ/SUGIMOTO ATSUHIKO      

 

User's Voice

STORK-JAZZのサウンド面や演奏性において気にいっているところ 音が太くてマイルドな理想の音です。 リアピックアップやトーンコントロールも付けていないせいか、エレキギターとしてはややアコースティックな音のような気がします。

ネック含めてギター本体が丈夫です。ツアーで飛行機などでの移動が多いのでこの丈夫さは本当に助かります。 また誤ってライブ会場の固い床に落としてしまった時がありますが、少し傷が付いたもののネックはビクともしませんでした。 軽いです。ステージは2時間以上あるのでこの軽さは大変嬉しいです。 ジャズ、R&B、ロック、その他、多くのジャンルの音楽にまたがる演奏する僕にとってはこれ以上ない理想のギターです。

Biography

現在まで23枚のリーダーアルバムをリリース。ジャズ,ソウルミュージック、R&Bをベースとし、自身が生み出した前人未到のオリジナル指奏法「ツーフィンガー・ストローク」による重量感のあるファットなクリーントーンでフレーズを歌い上げるグルーヴ感溢れるギタリスト。オリジナルサウンドは生まれ育った東京の都会的で洗練された感性と現在住んでいる湘南、横須賀近辺の海の爽やかさがミックスされた独特の世界観を創り出している。高校、大学、実業団とアメリカンフットボールの選手として活動した後、1990年渡米しニューヨークでセッションを重ねる。帰国後の1995年にデビューアルバム「Crab-Apple」をリリース。現在、東京を中心に全国各地へのツアーなどライブ・コンサート活動中。

代表作品:
「Black&Blue」テレビ東京・美の巨人たちエンディングテーマ(サザンオールスターズの野沢"毛ガニ"秀行が参加)
「西海岸通り」TVCMソング(建築房アンサー)
「What's Going On」FM横浜 JACK STYLEオープニングテーマ

TVCMソング:「アイリスオーヤマ」「東レ・アイリーブ」「オートバックス」他

出演テレビ番組:
TBSドラマ「愛なんていらねえよ、夏(渡部篤郎、広末涼子主演)
NHK「首都圏いきいきワイド」

出演映画:「かあちゃんに贈る歌」

著書:「厳選 決まるジャズギター定番名曲」ヤマハミュージックメディア

使用ギター:
杉本篤彦シグネチャーモデル「STORK-JAZZ Sugimoto Atsuhiko」Seventy Seven Guitars (株)ディバイザー

受賞:
ADLIB誌国内ニュースター賞(2008年)「Black&Blue」R134 日本コロムビア

ウェブサイト
facebookページ

Movie